2016年7月28日

エクセルで手軽にできる名刺作成の仕方を紹介します

多くのパソコンに元々入っているエクセル で、名刺作成を簡単にすることが出来るのです。必要なものは名刺用の用紙とプリンタのみです。それさえ準備すれば簡単に作成が可能です。名刺作成というとワードが浮かび、ワードで作るよりも使いにくいのではないかと思う方もいらっしゃると思います。しかしエクセルの中には「バレンタインカード」という名刺サイズのテンプレートが入っており、こちらのフォーマットに従って作成していけば良いのです。名刺の中に記載する内容は自分で自由に設定が可能ですし、名前、住所、電話番号、メールアドレス、会社名などを好きなフォントで入力出来ます。出来上がりも業者と遜色ありません。業者に依頼すると高額になる名刺作成ですが、自宅でコストを抑えて作ることが可能です。空いてる時間にエクセルでの名刺作成をおすすめします。

エクセル で名刺作成する手順を紹介します

バージョンによって多少違うかもしれませんが、エクセル で名刺作成する手順を紹介します。参考にしてみて下さい。まずパソコンのエクセルを起動させます。「ファイル」から「ページ設定」「余白」と進み、用紙を設定します。購入した用紙のサイズに合わせて入力するセルを広げ、基本的サイズのA4の用紙に合わせます。A1のセルに名刺を作成します。「ファイルメニュー」から「挿入」「図」「ファイル」で画像を入れます。「横書きテキストボックス」をクリックし文字を入力します。文字をドラッグし、大きさや好きなフォントを指定します。全体のバランスを考え、見栄えが良くなる様に文字の配置を整えます。エクセルのA1に1枚の名刺が完成したらコピーして他のセルに貼り付けます。プリンターを使用して用紙に印刷し、カットすれば名刺の出来上がりです。

エクセル で名刺作成する際の細かい設定について

エクセル で名刺作成をする上で細かい設定をしましょう。まずサイズですが普通の名刺は横91mm、縦55mmが一般的です。エクセルでいうと横にあたる行が156ピクセル、縦にあたる列が45.38ピクセルとなり、A4サイズの用紙に10面入ることになります。次に名刺のデザインを考えましょう。自分で最初からデザインを作るとなると、かなり高度なテクニックが必要ですし、センスが問われ大体がチープな感じの仕上がりになります。そんな時は無料のテンプレートを使用しましょう。マイクロソフト社がインターネット上で無料で使用できるテンプレートを配布していますし、それ以外にもインターネットを検索すれば無料で名刺のテンプレートを配布しているサイトが見つかります。また、エクセルでの名刺の作成方法の解説をしている動画もありますので、それらを大いに活用することで世界に一つだけの自分の名刺を手に入れることが出来ます。