2016年7月28日

おすすめのエクセル名刺作成方法まとめ

名刺は自分だけのオリジナルなものを作ってみたいと思ったことはありませんか。自分でデザインをできるなら、してみたいのですが、業者などからいくつかのデザインを見て選ぶことが多いと思います。実は名刺はエクセルなどのソフトで簡単に名刺作成ができます。基本の操作さえできれば難しいことはなく手軽にできます。エクセルの内容によっては名刺のテンプレートなどもはいっている場合もあります。名刺のサイズをきちんと作成して、どの台紙に印刷するかを考えるところから始まります。そのあとに自分の作りたい名刺をデザインすると、実際にデザインを考えてから上手く印刷できなかったということにもなりません。最近ではプリンターも進化してきているので、画面でのイメージの色とほとんど近いものが印刷できます。何度も印刷プレビューをしてきちんと確認してから印刷するように心がけましょう。

エクセルでの名刺作成は可能なのか

エクセルという表計算ソフトがあります。そのソフトでの名刺作成は果たして可能であるかを考えてみたいと思います。表計算ソフトなので計算する専用のソフトだと思われがちですが、実はエクセルはセルと呼ばれる枠を自由に大きさを変えることができるので、様々な書式に対応ができます。また細かい作業もセルという枠を頼りに自分で変更することができるので、実はワードよりも使いやすい点はあるのです。また名刺のサイズを細かいところまで指定したい時は、何度も印刷することが必要とはなりますが、微調整まで可能なソフトであるといえます。画像の取り込みもワードと同様にできるので、自分が作りたい名刺作成が可能です。エクセルでの名刺作成が初めてな方も簡単に取り組むことができますので、作成したい名刺をイメージして作成して下さい。

エクセルで名刺作成することのメリット

エクセルでの名刺作成でのメリットをご紹介したいと思います。名刺を作りたい時は業者にお願いすることが多いと思います。専門店にお願いしたほうが枚数が多い場合は割安になる場合もあります。しかしデザインに100%満足できるものは少ないと思います。自分なりの好きなデザインを考えて名刺を作ってみたいと思うこともあると思います。特に用紙は自宅で作るとたくさんの種類の中から選ぶことができます。また最近では名刺用の用紙も販売されていて、ミシン目が入っていて印刷後に切り離しができる用紙もあったりと便利になってきています。用紙をお洒落な和紙などにしても相手にとても印象が残る名刺になると思います。個性が光る名刺が作成できると思いますので、自分でエクセルで名刺作成もやってみる価値はあります。